S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最新記事

categories

archives

recent comment

recent trackback

ブログ
よくある質問*豆知識

株式会社 松田木材

  • 〒990-0852
    山形県山形市黄金81-2
  • IP電話 : 050-3538-0488
  • FAX : 023-644-8767
  • E-mail : info@matsudamokuzai.com
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日
ブログ

土用のお話

土用と聞くと、夏の「土用の丑の日」を思い浮かべる方は多いかと思います。

 

土用の丑の日にウナギを食べる事はとても有名ですよね。

 

今日はそんな土用のお話を。

 

日本には春・夏・秋・冬と四季がありますが、その季節を分ける目安として二十四節気が使われています。

 

春分・秋分・立春・立夏などがこれにあたります。

 

二十四節気はもともと中国から伝わったものなので、日本の気候とは合わない名称や時期もあり、

 

それを補うために、日本では独自に雑節というものを設けました。

 

この中に含まれているのが「土用」です。

 

他にも節分や十五夜なども雑節にあたります。

 

土用といえば夏の土用が有名で、一年に一回と思われていますが、土用は1年に4回もあります。

 

丁度、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日前が土用の期間になります。

 

この土用は五行思想というものがもとになっています。

 

万物は木・火・土・金・水の5つの元素からなる、という中国の思想です。

 

木は春、火は夏、金は秋、水は冬、土は季節の変わり目を象徴しています。

 

なので、立春などの直前はこの季節の変わり目に当たるので、土の日、土用の日となるわけです。

 

4月27日現在は土用の真っただ中です。

 

農作業をする方ならお分かりかもしれませんが、

 

種まきは土用を過ぎてから、などとよく言います。

 

日中は夏日になることもしばしばですが、夜になると気温が一気に下がったりしますね。

 

この寒暖の差で、せっかく植えた種もダメになってしまうそうです。

 

また、季節の変わり目で体調を崩してしまう人もいたり。

 

昔はちょっとの体調不良が死に繫がってしまうこともあったのでしょう。

 

季節の変わり目はいつも以上に注意し、静かに過ごしなさい。

 

土用の日には先人たちのそういった教えも込められているのではないでしょうか。

 

とはいっても18日間なにもできない日が年に4回もあったら生活に不都合も出てきます。

 

先人たちは土用に空きの日という日を設けました。(なんとも都合がいいwww)

 

この空きの日であれば、土いじりや建築など、土用にタブーとされていることもしてOKというのです。

 

春は5月5日までが土用となり、空きの日は5月1日と2日になります。

 

迷信だと吐き捨てる方もいらっしゃいますが、住宅の建築などは一生に関わることです。

 

せっかくなら一番日のいい日に気持ちよく始めたいものです。

 

夏・秋・冬の土用にも空きの日はあるので、興味のある方は是非お問合せ下さい。

 

では皆様よいG.Wをお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック