S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

categories

archives

recent comment

recent trackback

ブログ
よくある質問*豆知識

株式会社 松田木材

  • 〒990-0852
    山形県山形市黄金81-2
  • IP電話 : 050-3538-0488
  • FAX : 023-644-8767
  • E-mail : info@matsudamokuzai.com
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日
ブログ

トイレの神様

植村花菜のトイレの神様という歌が何年か前に流行ったのを覚えていますか??
トイレには〜♪♬
というサビで有名なあれです。

トイレにはそれはそれはきれいな
女神様がいるんやで
だから毎日きれいにしたら女神様みたいに
べっぴんさんになれるんやで


というサビなのですが、あながち嘘でもないらしいです。

皆さんご存知の七福神。


 ∧]充
◆恵比寿
、弁財天
ぁ毘沙門天
ァ大黒天
Α布袋尊
А⊆老人

福をもたらす神様たちとして、室町時代から信仰されています。
皆日本の神様と思いきや、日本出身は恵比寿様だけなんです。
他の神様はもともとインドや中国の神様です。
しかも福禄寿と寿老人は同一人物らしいのです。
・・・・・・・。
六福神・・・・・・・・。

商売繁盛、五穀豊穣、千客万来などのご利益が有名ですが、
実は家の中でも七福神の担当個所があるんです。


昔々、七福神の神様がある家を担当することになり、誰がどの場所を担当するのか決めることになりました。
しかし、いくら待っても弁財天だけがなかなか来ません。
しびれを切らした他の神様たちは自分たちの担当個所の割り当てを決めてしまいました。
決め終わったところへ弁財天がやってきたのですが、分担割はもう決まったと告げます。
分担は下記の通り。
恵比寿→店先
大黒天→台所
毘沙門天→玄関
布袋尊→座敷
寿老人→井戸
福禄寿→土蔵

残った弁財天は・・・・・。
厠(かわや=トイレ)
の担当に割り当てられてしまいました。
弁財天はフンガーーーー!!!!と怒り狂います(笑)
「なんで女神の私がトイレ担当なんだ!誰か代われ!!恵比寿!!お前がやれよっっ!!!」
と、無茶苦茶な要求をするんです。
しかし、他の神様は、
「いやいや、集合時間に来ないあなたが悪いんだから。決まったものはもうだめです。」
と冷たくあしらいます。
渋々トイレへと向かう弁財天。くるっと振り向き捨て台詞。
「トイレでいいけど!汚くしてみろ!!!掃除怠ったらすぐ出で行くからな!!」
この時からトイレを汚くすると弁財天のばちが当たると言われているそうです。

トイレというのは不浄の場所でどうしても汚れてしまう場所です。
誰でも汚いところを掃除するのは嫌なものですよね。
そんなところだからこそ綺麗にすれば美人になれるよ。だから一生懸命掃除しなさい。
という昔の人の教育方のような気がします。

昔のトイレと言えば、暗い・汚い・臭いの3Kが揃ってしまう場所でした。
でも現代のトイレはまったく違いますよね。
商業施設では集客アップにつながると、トイレのあり方が見直されはじめています。
ヒカリエのトイレ。


トイレもただ用を足す場所ではなくなってきているように感じます。
性能もよくなって、汚れにくく掃除がしやすかったり、色や形も様々。
totoのトイレは、全社員のお尻の型をとり、日本人の標準的なお尻の形を割り出して作られたそうです。
すごい研究心!さすが日本のトイレを代表する企業ですね。
最近のCMも可愛いですよね。
「ひどいトイレだ・・・・。」
と、ばい菌子供がボソッと言うのが面白い。

リトルベンとビックベン(笑)!!

風水でもトイレの場所というのはとても重要で、絶対にトイレを置いていけない方位というものがあります。
ただその土地、施主様によって違うので一概にこの方角はダメ!と言えないのが難しいところです。
水回りは配置だけでも気を使うのですが、そこにプラス家事導線なども合わせて考えなくてはいけないので設計をするうえで頭を抱えてしまう事も度々なのですが、そこが設計士の腕の見せ所でもあります。


長々となりましたが、トイレはいつでもピカピカにしておかなければ!と改めて思いました。
掃除用品も充実してきている昨今。
お気に入りを見つけて少しでも家事に対する「めんどくさい」を軽減できればいいな〜と日々考えているところです。
何かいいアイテム等ありましたら教えてください♬♪


 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック