S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新記事

categories

archives

recent comment

recent trackback

ブログ
よくある質問*豆知識

株式会社 松田木材

  • 〒990-0852
    山形県山形市黄金81-2
  • IP電話 : 050-3538-0488
  • FAX : 023-644-8767
  • E-mail : info@matsudamokuzai.com
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日
ブログ

土用のお話

土用と聞くと、夏の「土用の丑の日」を思い浮かべる方は多いかと思います。

 

土用の丑の日にウナギを食べる事はとても有名ですよね。

 

今日はそんな土用のお話を。

 

日本には春・夏・秋・冬と四季がありますが、その季節を分ける目安として二十四節気が使われています。

 

春分・秋分・立春・立夏などがこれにあたります。

 

二十四節気はもともと中国から伝わったものなので、日本の気候とは合わない名称や時期もあり、

 

それを補うために、日本では独自に雑節というものを設けました。

 

この中に含まれているのが「土用」です。

 

他にも節分や十五夜なども雑節にあたります。

 

土用といえば夏の土用が有名で、一年に一回と思われていますが、土用は1年に4回もあります。

 

丁度、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日前が土用の期間になります。

 

この土用は五行思想というものがもとになっています。

 

万物は木・火・土・金・水の5つの元素からなる、という中国の思想です。

 

木は春、火は夏、金は秋、水は冬、土は季節の変わり目を象徴しています。

 

なので、立春などの直前はこの季節の変わり目に当たるので、土の日、土用の日となるわけです。

 

4月27日現在は土用の真っただ中です。

 

農作業をする方ならお分かりかもしれませんが、

 

種まきは土用を過ぎてから、などとよく言います。

 

日中は夏日になることもしばしばですが、夜になると気温が一気に下がったりしますね。

 

この寒暖の差で、せっかく植えた種もダメになってしまうそうです。

 

また、季節の変わり目で体調を崩してしまう人もいたり。

 

昔はちょっとの体調不良が死に繫がってしまうこともあったのでしょう。

 

季節の変わり目はいつも以上に注意し、静かに過ごしなさい。

 

土用の日には先人たちのそういった教えも込められているのではないでしょうか。

 

とはいっても18日間なにもできない日が年に4回もあったら生活に不都合も出てきます。

 

先人たちは土用に空きの日という日を設けました。(なんとも都合がいいwww)

 

この空きの日であれば、土いじりや建築など、土用にタブーとされていることもしてOKというのです。

 

春は5月5日までが土用となり、空きの日は5月1日と2日になります。

 

迷信だと吐き捨てる方もいらっしゃいますが、住宅の建築などは一生に関わることです。

 

せっかくなら一番日のいい日に気持ちよく始めたいものです。

 

夏・秋・冬の土用にも空きの日はあるので、興味のある方は是非お問合せ下さい。

 

では皆様よいG.Wをお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせ

また雪の季節がやってまいりました。

 

1年ってホント、あっという間ですね。

 

今年も残すところあと僅かです。

 

皆さん、やり残したことが無いよう、残り1カ月間頑張りましょう!!

 

 

 

今日はお知らせというか、ご紹介したいものがありまして・・・・。

 

当社のお客様でもあります、相原木材 株式会社様 が作製した 木花(モクカ)。

 

※画像はホームページよりお借りしました。

 

テレビや新聞などでも取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

スライスされた木を一つ一つ丁寧に張り合わせて作られています。

 

木とは一言に言っても、様々な樹種があり、色や香りがそれぞれ違い、色んな表情が楽しめます。

 

商品の種類もボックスに入ったもの、ブーケタイプ、アクセサリーなどバリエーションが豊か!

 

現在、東京お台場・ヴィーナスフォートで期間限定のワゴンショップをオープンしているそうです。

 

 

当社も協力会社として、ショーケースの製作をさせて頂きました。

 

 

社長様をはじめ、皆さんに喜んで頂き、嬉しい限り!

 

木花の全国進出に花を添えられたかなぁとホッとしています。

 

当社の玄関横にも実物の木花を展示しておりますので、お越しの際は是非ご覧ください。

 

 

 

 

木花のホームページのリンクも貼っておきます!

 

合わせてご覧下さい。

 

相原木材 株式会社 様 『木花』ホームページ

http://woodream.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


施工実例

暑い日が続いてますね〜。

 

今日も予想気温35°と真夏日!!

 

打って変わって、九州・西日本では大雨被害が続いているようですね。

 

連日の被災状況の報道に胸が痛みます。

 

東日本は梅雨入りが嘘のような天気が続いておりますが、皆様、熱中症には十分お気を付け下さい。

 

屋外はもちろんのこと、屋内でも熱中症には注意が必要です。

 

我慢せず、エアコンや扇風機を使用し、こまめな水分補給が熱中症予防になるようです。

 

 

 

 

 

今回は「お知らせ」ということで、初?の施工実例紹介です。

 

今までにも施工実例を掲載できる機会はあったのですが、私の筆不精のせいで、なかなか紹介することができませんでした。

 

御施主様の了解を頂いたので紹介させて頂きます。

 

今回施工したのは、「ウッドデッキ」です。

 

新築やリフォームで取り入れる方が増えてきました。

 

というか、ほぼ8割強?ぐらいの普及率ですかね。

 

新築やリフォームのご要望をお伺いすると、

 

「ウッドデッキでBBQがしたい。」

 

「夏に子供のプールを置きたい。」

 

「天気のいい日はアウトリビングとして、朝食やお茶を楽しみたい。」

 

と、ほとんどのお客様が希望されるものです。

 

ウッドデッキは大きく分けると、

 

・天然木ウッドデッキ

 

・樹脂木ウッドデッキ

 

の2種類に分類されます。

 

当社ではどちらとも施工できますが、おすすめしているのは天然木のウッドデッキです。

 

節や木目などの木の風合いや木の香りを楽しめるので、本物志向のお客様に人気です。

 

オーダーメイドになりますので、自分の好みの広さ、色合いなど設計の自由度が高いこともメリットの一つです。

 

また、樹脂木に比べると、価格がとてもリーズナブルなのが最大の魅力ではないでしょうか。

 

メリットがあればデメリットも当然あるもので、樹脂木に比べると、メンテナンスが必要ということです。

 

天然の木を使用しているので、メンテナンスをしないと腐食してしまう場合も。

 

樹脂木のウッドデッキの最大のメリットは、天然木とは対照的に、メンテナンスが少なくてすむ所と言えます。

 

丈夫で傷がつきにくく、腐食にもとても強い材質になります。

 

デメリットとしては、天然木と比べると、製品自体が熱くなりやすく、夏などの日差しがきついときは火傷などの心配があること。

 

いくら丈夫とはいえ、冬場は目地部分に水分が残っていると、凍結し破損してしまうケースがあること。

 

そして何より、価格が高価であること。

 

両者、強味・弱味とありますが、足して2で割れたら一番丁度いいのですが。。。。

 

 

 

 

話が長くなりました。(笑)

 

今回施工させていただいたS様邸ウッドデッキのご紹介です。

 

サイズは2700×3000で約5帖ほどの広さになります。

 

 

 

屋根も付けたので、雨でも大丈夫な作りになっています。

 

S様邸、ピカピカの新築なので、外壁にビスを打たずに固定しております。

 

せっかくの新築に傷付けられたくないですもんね!!

 

予算の都合がつかず、諦めてしまった方、

 

そのうちそのうちと計画が宙ぶらりんになっている方、

 

ブログを見て「ちょっといいかも」と思った方!

 

今ならまだお盆休みのBBQに間に合いますよ〜!!

 

是非お問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝活

を始めました。

 

朝早起きしてジョギングを始めました。

 

ジョギングといっても、家の近所をグルっと走るだけなのですが。。。

 

約4kmを走っています。

 

まぁダイエットが一番の目的なのですが。

 

6月に友人の結婚式があるので、それまでには・・・・・。

 

という感じで、頑張っているところです。

 

今は4kmと短い距離ですが、徐々に距離を伸ばしていきたいなぁと思っています。

 

毎日お布団の中で、

 

「眠い、起きなきゃ。でも眠い。いやいや!走らなきゃ!!」

 

と葛藤しています。

 

朝活を始めてから、時間に余裕ができ、朝ごはんの質が少々上がりました!!

 

朝から魚を焼き、お浸し、卵焼き、出来立てのお味噌汁、納豆・・・・。

 

目指すは旅館の朝ごはん!!!

 

 

そして、余裕ができた分、娘たちの準備も早く出来るように!!

 

それなのに、なぜ。

 

家を出る時間は変わらないのだろう。。。。

 

 

 

 

ジョギングを始める前にネットでいろいろ情報収集をしたのですが、

 

ジョギング等の有酸素運動は、約3か月間継続しないと効果が無いらしいのです。

 

体は急激な変化を嫌うらしく、3か月ほどで、カロリー消費しても大丈夫!!

 

と、脂肪燃焼スイッチが入るそうなんです。

 

何事も継続が大事。

 

継続が苦手な私にとっては苦痛でしかないのですが(笑)、

 

6月、それまでは根性で継続したいと思います。。。。

 

 

 

ダイエットだけでなく、

 

・ストレス発散

・免疫力UP

・美肌効果

・良質な睡眠

 

などの効果もあるそうなので、頑張って続けたいと思います。

 

ジョギングコースからの一枚。

市街地ではなく、田んぼ道が好きです。

あまり人に会わないから(笑)

しかも、最近の田んぼ道は舗装してあるので、とても走りやすい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


明けましておめでとうございます(笑)

またまた久しぶりの投稿となってしましました。

 

今年こそは!!(笑)

 

豆更新したいと思います。

 

節分だけに・・・・・。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

ハイッ、今日も雪がドカッと降りましたね〜。

 

皆さん朝から雪はきに追われたのではないでしょうか。

 

私も一昨年まで雪はきが大嫌いでした。

 

でも、山形に骨を埋める気でおりますので、こいつとは切っても切れない関係なんですよね。

 

Yahoo!で「雪はき」と検索したら、

 

「雪はき30分は自転車30分こいだ消費カロリーに匹敵する!」

 

という結果が!!

 

家の前もきれいになって、自分も(ダイエットして)きれいになれる!

 

一石二鳥!!

 

それから遮二無二雪はきしています(笑)

 

冬は運動不足になりがちなので、良い運動だと発想の転換をしてみました。

 

ま、まだ結果は出ていないのですが・・・・・。

 

 

 

話は変わり、昨年のことなのですが、実は・・・・・・私・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

宅建試験に合格致しました〜!!!

 

もう、ほんとに、人生で一番勉強したと言っても過言ではない!!

 

休日も子供を主人に見てもらい、実家にこもり、大好きな漫画も断ち、テキスト・過去問と向かい合う日々。

 

今思い出しただけでも辛い(笑)

 

でも、それだけ努力をしたので、喜びも一入なのですが。

 

31になってこんな達成感を味わえるなんて思ってもいませんでした。

 

月並みではありますが、「努力は必ず報われる」を実感した2016年でした。

 

これに甘んじることなく、次の目標に向かって邁進したいと思います。

 

また、この資格を生かして、お客様に貢献できるように日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

 

私のほかにも当社には宅建士が3名おりますので、何かございましたら、是非ご用命下さい!!

 

 

 

 

今日は節分の日。

 

我が家の子供たちは、保育園で「鬼退治するの!」

 

と、意気揚々と登園していきました。

 

我が家の夕飯も恵方巻にしようと思います。

 

今年の恵方は北北西。

 

具は7種類が決まりだそうです。

 

具材に関してはそこそこの家庭や地方で違うようですが・・・。

 

一番は伝統行事を楽しむことだと思うので、我が家は好きな具材を入れようと思います(笑)

 

皆さんも楽しい節分をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


またまたの・・・・

ご無沙汰となってしまいました。

 

「継続は力なり」

 

とは言ったもので、コツコツ努力を積み重ねることは、容易なようでとてつもなく大変なことであります。。。

 

 

さてさて。←

 

最近めっきり寒くなってきましたね〜。

 

北海道の帯広は初雪が降ったそうですね。

 

山形も月山が白くなって、冬はもうすぐそこまで来ていますね。

 

そんな寒さに、触発されたのか、

 

我が家の子供たちは「北風小僧のカンタロウ」を大合唱している今日この頃です。

 

みんなの歌で堺正章が歌うカンタロウを聞きながら、コタツでウツラウツラしていた幼少期が懐かしい。

 

秋だからなのか、年のせいか。。。

 

ノスタルジーに浸ってしまいます。

 

 

 

先日の文化の日にずっと行ってみたかった「ウフウフガーデン」に行ってきました。

 

気にはなっていたのですが、なかなか行けずにおりました。

着いたのがお昼ちょっと過ぎということもあり、お店は待っているお客さんでいっぱいでした。

 

客席数はそれほど多くはないのですが、20分ぐらいで席に着けました。

 

子どもたちには塗り絵を出してくれたり!!

 

子連れに優しいお店です。

 

私たちは

 

・卵かけご飯

 

 

 

・ラフランスのパンケーキ

 

 

をオーダー。

 

卵かけご飯はご飯と卵がお代わり自由!

 

ご飯もつや姫を使用しており、とても美味しかったです。

 

次女はこの日卵かけご飯デビューをしました。

 

気に入ったらしく、

 

「ゴハン、チョーダイッ!!」

 

と何度もお代わりをせがんでいました。

 

パンケーキも分厚くて、とっても食べごたえがありました。

 

 

 

その後は近くの「ufu ufu FARM」へ。

 

ガーデニング用品や、キッチン用品等の雑貨を販売していました。

 

陶器なども置いてあったので、子供たちが割らないかハラハラドキドキで、ゆっくり見ることはできませんでした。。。。

 

子連れの時は陶器コーナーは素通りすることにしてます(笑)

 

建物の裏手にはガーデンスペースがあり、大きな鶏のモニュメントや、キッズコーナーなど子供が遊べるスペースが!

 

 

この日は雨上がりで滑り台で遊ぶことは出来なかったのですが、雪が降ったらそり遊びなども楽しめるそうです。

 

雪が降ったらまた行ってみようと思います。

 

 

 

とは言うものの、雪が降るとなかなか行けない所も出てくると思うので、

 

降るまでの間に色んな所に足を運びたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご無沙汰しております・・・・

前回の更新から約10ヵ月も空いてしまいました・・・・・。
筆不精はだめですね。
反省です。。。。

最近は新築物件が進行しており、そちらの内装打ち合わせなどを行っております。


さてさて、話は変わり、昨日5月26日に取引業者の小松物産衢佑らお誘いを頂き、
「LIXIL仙台ショールーム見学バスツアー」に参加してきました。
ショールームの規模が山形とは違うので、こちらでは実際に見れないものも見れる!!
と、大変ワクワクしながら行ってきました。

今回は女性限定のバスツアーということで、私一人の参加でした。
今回のバスツアーではなんと、バスガイドさんが一緒に搭乗してくれ、道中はその土地の歴史や、地名の由来など様々な事をお話ししてくれました。
高校の修学旅行ぶりのバスガイドさんに少々心が躍りました(笑)

※画像はHPよりお借りしました。。。

ショールームの滞在時間は1時間と短めだったので、駆け足での見学とはなったのですが、
新商品や普段あまり見ることのできない建具や玄関ドアなどが見れたのはとてもよかったです。
キッチンと一口には言っても、キッチンメーカーも沢山あり、各社それぞれ仕様が異なります。
私たちの仕事は、お客様の要望を聞いて、それに一番合ったものを提案すること。
そういった判断材料は多いに越したことはないので、実際に自分の目で見て、触れる、こういう機会は大変貴重なものでした。

ショールームを後にし、福島へ。

昼食をご馳走になり、次は三春のハーブガーデンへ。
多肉植物や、ハーブなどがたくさんあるという事で、ワクワク。
購入しようと意気込んで行ったのですが、種類がたくさんありすぎて何をどう選んだらいいのか分からず、今回は泣く泣く購入を見送りました。
その中で目に留まったのが、「ガジュマルの木」。

沖縄の木で、キジムナーという精霊が宿る木なのですが、
「うしおととら」という漫画の中で、幸運を運んでくる精霊とか書いてたような覚えがあり、
(幸せ運んでくるなんて素敵!)と思い、会社用と自宅用に2つ購入してきました。
自宅に戻り、キジムナーを検索すると、
「ガジュマルに宿る精霊。仲良くすると好物の魚の目玉をくりぬき、その残りをもらえる」
幸せでなく、魚を運んでくる妖怪でした。。。。

そんな笑い話もありつつ、帰路に着きました。
その日は子供たちの送迎を主人にお願いし、家庭から解放(笑)された一日だったので、本当に楽しく過ごせました。
今頃何してるかな〜、なんて頭をよぎったりもするのですが、こんな一日もたまには良いものですね。
お誘い頂いた小松物産様、本当にありがとうございました。
当社担当のSさんがいらっしゃった際には感謝の意を込めて、アイスコーヒー山盛りにしたいと思います。



※自宅用のガジュマルとテーブルヤシ。

世界遺産

今日は生憎の曇り空。。。。
昨日はピッカリ晴れで洗濯物がよく乾きました!
雨は降らない予報のようですが、この季節よく発生するゲリラ豪雨に注意ですね。
洗濯ものを外に干してきた皆さんは家に帰るまでハラハラ。
雨が降ると思い、室内に干してきた時に限って晴れてきたり。
こんな時はなぜか損してしまったと肩を落とすことが多いのは私だけでしょうか(笑)



昨年、富岡製糸場が世界遺産に登録されたのは、皆さん記憶に新しいと思います。
今年も、「明治日本の産業革命遺産」として、九州・山口の関連地域の8エリアの23件が世界遺産に登録される見込みだそうです。
八幡製鉄所(中学の社会で学習しましたよね!)や三菱造船所などが含まれ、その中には現在も稼働している施設もあり、
稼働中の施設が世界遺産として登録されるのは日本初のことです。

その中でも私が1番注目しているのが、長崎県の端島(はしま)、通称『軍艦島』です。

このようなニュースで注目を浴びる前は、軍艦島は廃墟としてマニアの皆さんの中で有名な島でした。
マニアの中では廃墟の聖地として、一度は行ってみたい島と言われておりました。
最近では「進撃の巨人」のロケ地として使われたりしていました。
今日Zipで、三浦春馬君や水原希子様←が軍艦島で記者会見を行ったと伝えられていました。


明治時代から昭和時代にかけ、海底炭鉱によって栄え、最盛期の人口は5,267人で、人口密度は東京特別区(23区)の9倍もありました。
※畳1畳のスペースに33人がいる計算になります。。。。
当時は人口密度世界一だったのです!

※これはX階段と呼ばれ、軍艦島の高層住宅の象徴でもあります。
人が一人やっと通れるぐらいの幅しかないそうです。
100年も前のデザインですが、洗練された美しいデザインです。さすがッ!!


軍艦島は炭鉱産業を支える重要な島であったと同時に、日本初の鉄筋コンクリート造の高層住宅が作られた島でもあります。
1916年に建設されたので、約100年前という事になります。
建築基準法が制定される前の建造物なので、構造計算等はされてなく、現代の鉄筋コンクリート造とは比べ物になりませんが。。。
今ではコンクリートの骨組みとして鉄筋が使われていますが、当時は電車のレール等が骨組みとして使われていました。
レールって。。。。
ちょっと今では信じられませんよね(笑)

鉄が貴重だった時代に、この端島は鉄を使う事が政府から許可されていました。
その理由として、端島で採れる石炭がとても良質で、重宝されていたからなんです。
多くの労働力を必要としたため、住民の住居の確保の為、高層住宅は必要不可欠だったんですね〜。
広さが東京ドームのグランド5個分という小さな島なので、横には広がれず、縦に縦にとしか住宅を増やせなかったという事が背景にあります。


現在は高潮や雨風に晒され、老朽化が進み、中には倒壊寸前の建物が数多くあり、世界遺産に登録されても、建物が崩れてしまえば、登録を抹消される恐れもあります。



日本では登録のニュースを喜ばしいものとして伝えていますが、韓国では忌忌しき事態だと批判的な報道がされています。
端島で働いていたのは日本人だけでなく、多くの朝鮮人も働いていました。

太平洋戦争が始まり、多くの日本人が兵隊として徴兵され、深刻な労働力不足となりました。
その労働力を補うために、朝鮮から労働者を募集し、日本に連れてきました。
※表面上は募集となっていますが、実際は強制的に連れてこられました。
その数はおよそ500〜800人いたと言われています。

小さな部屋に7〜8人ほどが住み、毎日過酷な労働を強いられたそうです。
朝鮮では「軍艦島」でなく「監獄島」と言われています。

世界遺産に登録されれば、観光地となり、そのような強制労働があった事実が薄れていく事を懸念しているようです。
世界遺産に登録されることは喜ばしい事ではありますが、強制連行・労働といった負の歴史があった事もまた然り。

日本の産業を大きく成長させた事と共に、戦争の悲惨さを物語る島でもあります。
正と負の両面を後世に伝えるような場所になって欲しいものです。



軍艦島を実際に見てみたいけど、なかなか行けるものではありません。
そんな方に朗報です!
Googleマップのストリートビューで軍艦島の内部を見ることが出来ます。
興味のある方は是非ご覧ください。





 

梅仕事

わが家では2年ほど前から自家製の梅干しを漬けています。
私の実家の畑には梅の木が2本あり、毎年祖母が梅干しを漬けていました。
祖母も年を取り、梅干しづくりが億劫になり始め、
「今年は梅干し作らねは〜。梅捨てっべはね。」
と言って梅を捨てようとしていたので、
「んだらしてみっかなぁ〜。」
と軽い気持ちで始めたのがきっかけです。
梅干しは殺菌効果に優れ、土用干しをきちんとしたものならば百年でももつそうです。
今スーパーで売られているものはそうはいきません。
味を調える為に添加物が使われ、殆どのものが土用干し、つまり太陽に当てていないためビタミンCを含んでいません。
その為、合成ビタミンCを添加する。
なので裏のラベルには「調味梅干」と書かれています。
調味梅干でなくても、使われているのが食塩だったり。
食塩は自然塩に比べ安価なので、市販の梅干・漬物には当たり前のように使われています。
昔ながらの梅干しの材料は、
・梅
・塩
・紫蘇
主にこの三つです。
わが家でもこの昔ながらの梅干しを、自然の塩を使って漬けています。
梅をたくさんの水でザブザブ洗い、一つ一つ丁寧に水分を拭き取り、梅の実を傷つけないように楊枝でヘタを取り除き・・・・。
このジミィ〜な作業を無心で行います。
その後は瓶に梅の実と塩を交互に重ね、最後に焼酎を一振り。
紫蘇が出回るまで漬け込みます。
紫蘇が手に入ったら、塩で汁が出るまで揉みこみます。
この作業が意外と力がいるんです。
紫蘇がクタクタになったら、梅・紫蘇と交互に重ね、また漬け置きます。
梅雨が明け、ジカジカな日差しになったらいよいよ土用干しです。
3日間程天日にあてます。

ここで梅干しの色がオレンジから真っ赤に変わっていきます。

この作業がおわり、1ヵ月ほど置けばもう食べられます。

梅には様々な効能があります。
・疲労回復
・食欲増進
・血液をサラサラにする
・殺菌作用
・美肌・老化防止
等など・・・・。
「番茶梅干し医者いらず」 「梅はその日の難逃れ」
など、昔から体に良い食品として言い伝えられてきました。
疲れを溜まりにくくし、風邪に対する対抗力を高めると、最近の研究でメカニズムが解明されてきました。
眉をひそめずには食べられない梅干しが、体が疲れているときはさっぱり酸っぱくないんです。
それだけ体が疲れてしまっているというサインだそうです。
梅干しだけでなく、梅と氷砂糖を漬けた梅ジュースや、梅酒、梅ジャム等様々な加工食品を作れます。

※これは梅ジュースです。
2年前に漬けた梅酒が今飲みゴロで、寝る前にチビチビ飲んでいます。
(娘の授乳はもう終わっておりますので・・・・・。)
梅ジュースや梅酒はやはり南高梅で付けたものが美味です。
今はスーパー等でも割と手に入るようになってきましたね。
実が大きいので、それだけエキスもタップリ出ます。
市販のものを買った方が手軽ですし、作るよりお手頃な価格で買うことが出来ます。
それでも、手作りの方が、何が入っているのか分かり安心ですし、手間暇がかかっている分美味しく感じます。
昔は家のスッパイ梅干しが嫌いで、市販の蜂蜜漬けのものを好んで食べていたのですが、
年を重ねるにつれ、昔ながらの梅干しの方が好きになってきました。

今年は自家消費の分だけでなく、おすそ分けする分も作るので、大量に作る予定です。
梅のなり具合を見つつ、梅雨が明けたら収穫する予定です。
1日1個を食す「梅活」。

体に良いので、皆さん是非「梅活」してみてくださ〜い。
 

キングダム

おはようございます。
今日は生憎の曇り空。
連日真夏日が続いたので、少し肌寒い感じがしますね。
体調管理しっかりとして、皆さんお仕事頑張りましょう!!楽しい楽しい

先週の木曜日放送の「アメトーーク」ご覧になった方はいらっしゃいますか??
先週のトークテーマ、「キングダム芸人」でした。
私もキングダム大好きで、連載当初から読んでいます!!←
ついに取り上げられたか!と嬉しい反面、何でしょう。。。
少し切ない。。。。
「あぁ。私のキングダムが。。。にわかファンが。。。。」
と勝手な感傷に浸ってしまいました。

番組は面白かったのですが、一つ不満が。
コジルリ。。。。
羌瘣。。。。

でした。


ま、いいんですけどね。
いいんです!



キングダムは史実に基づいて描かれている漫画なので、中国史が好きな方はハマりますよね。
下僕から剣ひとつでのし上がっていく信のサクセスストーリー ←
サクセスストーリーが大好物なので(笑)
島耕作シリーズも好きです。


キングダムは始皇帝が中国を統一するまでの物語なのですが、皆さん、始皇帝はご存知ですか?
史上初の中国統一を成し遂げたすごい人なのですが、それだけでなく他にも偉業を成し遂げています。
貨幣や計量を統一したり、政治制度改革や大土木工事をたくさん実施しました。
その一つが万里の長城です。
正確には中国の長い歴史の中で継ぎ足し継ぎ足し作られていったものだそうです。
なので、現在の形を始皇帝の代で作り上げたわけではありません。

その昔秦国の北東には匈奴というスッッッゴク強い民族が住んでおりました。

で、時々領土を侵して攻めてきたそうです。
匈奴は騎馬民族だったので、馬での侵入を防ぐため、長城を築きました。
※高い城壁の様になっていますが、当時は馬で越えられなければよいと、約2mほどのものでした。
匈奴・北東・長城・・・・・。
そうです。これが 元祖★鬼門封じ
鬼門の起源はここにあったとされる説があるのです。
鬼門に玄関を作ってはいけないのは、北東から匈奴が攻めてきたときに、一番に攻め入れられると言い伝えられてきた為です。
裏鬼門にあたる南西ですが、この方角からはモンスーンがやってきます。
モンスーンの影響を受け、作物が大打撃を受けることが度々あったそうです。
なのでこの方角からも災いがやってくると、鬼門と対の方角を裏鬼門としたそうです。
始皇帝は自分の墓を作る際にも風水を利用したと言われています。
始皇帝陵がある土地も四神相応の土地とされ、風水的に最良の場所でした。
当時皇帝が死ねば、たくさんの家来や奴隷たちが殉死を強要され、殉葬されました。
始皇帝はこの制度を廃止し、「兵馬俑」を作りました。
この兵馬俑、墓の中でみんな東を向いておりました。
風水上東の方角は、「何事も表れる、前進、始まり」という意味合いを持っています。
東は夜明けであり、草木の芽が出る方角ですので、死後の世界でも繁栄を極めたい、そういう想いが込められていたのかもしれません。
「兵馬俑で殉死者がいなくなったんだから、始皇帝っていい奴じゃん。」
なんて思う方もいるかもしれませんが、実は始皇帝、兵馬俑を作った職人を皆殺しにしているんです。
始皇帝はとんでもない暴君だったという史実も数多くあります。
キングダム読者としては暴君な政は見たくないですが。。。。
49歳という若さで亡くなった始皇帝ですが、晩年は不老不死に強い憧れを抱き、薬を求め各地を訪問したり、学者に研究をさせたりしました。
始皇帝が巡遊に出かけたとき、病気にかかり、宮廷の医師に処方された薬を飲みそれが原因で亡くなってしまいました。
その薬、なんと水銀入りでした。
現代では到底考えられないのですが、当時水銀は神聖なものとされていたので、毒だなんて誰も考えもしなかったのでしょうね。



私は単行本で読んでいるので、今「加冠の儀」を行っているところです。
これからの展開が非常に楽しみです。
ケンコバが「1巻読んだら気になって、夜中だったけど本屋へ走った。」
と言っていましたが、ほんとにそんな漫画です。
読んでると「ワナワナ・・・・」と手がプルプルしてくるんです(笑)!
読み終わった後、興奮で寝れなくなるんです(笑)!!
好きな武将が死んでしまうとこなんて、涙、涙です!!!
まだ読んだことない方!!
騙されたと思って1巻読んでみてください。
女性の皆さんは画風が嫌い!と読むのを拒む方がいるんです。
実際に私の友達がそうでした。
グラップラー刃牙みたいでキモイと言われましたショックショックショック
そこをグッと堪えて読んでほしい。
「なぜ今まで読まなかったのだ」
と後悔すること必至です。


コジルリ嫌いですが、先日のコスプレのクオリティは高かったと思います。。。


かわいいですね。























それでは。良い一日をお送りください。